様々なやり方 | 昔とは全く違う現代の葬儀とその考え方について
ありがとう。

様々なやり方

かばんと数珠

葬儀には様々なやり方があります。まず友人や親戚や業界関係者などが多かった人が行うものに告別式、葬儀式があります。これは本来別のものですが、最近では同じ意味として利用される居ことも多いです。これには葬儀ほど厳密な規定がありませんから、故人が生前好きだったものなどを展示したり音楽をかけたりすることもあります。
次に一般人ではなく、会社の会長や社長が死亡したときに行う葬式に社葬があります。これは事前に親族だけで葬儀を済ませ、そこから1か月後くらいに行うことが多く社員全員に関係会社の役員というようにすさまじい人数が参加することになります。
最近主流となっている葬式である家族葬ですが、これは密葬という名称として利用されることもあります。身内や本当に親しい人達だけで行う葬儀です。少人数で行うために香典などはお断りすることも多い葬儀です。葬儀らしい形を保ったまま金額や手間を節約するためにはこの方法が最も適していると思われています。
宗教が違えば葬式も変わってきます。日本の葬式というのは正式名称でいうと仏式葬儀といい、仏教の形にならっておこなわれています。キリスト教だった場合にはキリスト教葬儀というものが利用されることになります。他にも、最も古い形の葬式をしたい場合には神式葬儀というものもありますが、現在では殆ど利用されることはありません。
市などから支援を貰って行える葬式もあります。これは市民葬や区民葬という名称になりますがやっていることはいわゆる家族葬と同じです。次に葬式をせず火葬だけで全てを終わらせるタイプのものを直葬といいます。最近では家族葬だけでなく直葬の利用者も増加してきています。

Copyright(c) 2015 昔とは全く違う現代の葬儀とその考え方について. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com