簡略化 | 昔とは全く違う現代の葬儀とその考え方について
ありがとう。

簡略化

拝む

今の葬儀は年々簡略化されるようになっています。昔は通夜、会葬者を招いての式、そして火葬というような流れで行っていましたが、今では家族葬や直葬のみで済ませる人も多いです。
中でも利用者が増加しているものに家族葬があります。これは家族もしくは本当に親しかった人達を読んで行う小さな葬儀であり、会葬者らしい会葬者は呼びませんし香典も取りません。大きな葬儀をすれば喪主は最も悲しむべき人物であるはずなのに、忙しくてそれどころではないという人が大半でした。しかし、この家族葬を利用することによって時間に追われず、ゆっくりと個人を偲ぶだけの時間を取ることが出来るようになっています。
一般的な葬儀が300万円程度となっていますが、この家族葬を利用すれば高くても40万円程度に収めることが出来るようになっています。もっと最小限まで費用をおさえれば20万円前後で可能な場合もあるのです。
中には家族葬の時間すら不要だとして直葬形式をとっている人もいます。直葬の場合病院で死亡が確認されればそのまま火葬場へ直行することになります。当然そのまま燃やすことはできませんから、24時間が経過するまでは火葬場の安置所を利用することになります。
翌日に火葬をして葬儀は完了となります。直葬を選ぶ人は葬儀ではなく供養方法にお金をかけたいと樹木葬や散骨もしくはダイヤモンドなどへの遺灰加工を行う人が多いです。
どこに思いをおき、どこにお金をかけるのかは個人の自由ですから、自分の思った通りに葬儀社を利用して下さい。中には事前に個人と相談することで対応している人もおります。

Copyright(c) 2015 昔とは全く違う現代の葬儀とその考え方について. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com