自由になる葬儀 | 昔とは全く違う現代の葬儀とその考え方について
ありがとう。

自由になる葬儀

ハート

昔はご近所づきあいや親戚や兄弟との関係もあってか、葬儀は一般的なものを当たり前に行うしかありませんでした。葬儀は残してきた人が故人の立場を最後まで守るために行っていたふしもありましたが、今では死ぬ前に自分の葬儀について自分決めていく人も増えています。
死んでからでは結局付き合いなどで300万円も400万円もかけて葬儀を行うことになっていましたが、生前のうちに故人の意思として残しておけばその通りの葬儀を実行しやすくなります。
なにより葬儀は常識や世間体よりも故人の意思が最優先なのです。
本人が選ぶ葬式として最も多いのが家族葬です。中でも本人が指定する場合は非常に簡素な式を希望する場合が多く、お坊さんや供養も特に必要ではないと言い切る人も多いです。葬式のことを考える世代は自分が親の葬式を経験しているために、そこにかかる費用や手間や心労を一番理解しています。ですから、自分の葬儀はそう派手でなくても良い、簡素で手間もお金も最小限のものにして欲しいと希望する人が多いわけなのです。
実際に葬式業者でも年々需要は一般的な葬儀から簡単な葬儀へと移ってきています。昔は葬式業者も簡単な式は儲からないからとそもそもプランを用意していない場合が多かったのですが、あまりにも需要が増えていることと、大きな葬式は人気がなくなってきていることから基本となるプランも時代に合わせて変化しているわけなのです。
古い考え方の人であれば葬式を簡素にするなんて誠意がない、気持ちがこもっていない、親不孝者だというような主張をする人もおりますが、葬式というのは建前や格好をつけるためのものではなく、故人とのお別れを生きている人達がしっかりとするために行われるようになった式なのですから、豪華さや見栄えに拘った式はある意味俗物的な考えだともいえます。

Copyright(c) 2015 昔とは全く違う現代の葬儀とその考え方について. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com