平均価格 | 昔とは全く違う現代の葬儀とその考え方について
ありがとう。

平均価格

数珠

これまで行われていた日本式の葬儀では、一式全て通夜から式まで終えるためには300万円ものお金がかかっていました。葬儀は高いものですが、そう高級な商品ばかりを使っているわけではありません。葬儀がここまで高価格になるのにはお坊さんとお寺に関するお金が1番です。戒名をつけるだけで10万円以上は必ず必要になりますが、戒名なしで葬儀を進めるわけには生きませんから仕方がない出費なのです。更に、準備する祭壇や飾りですがこれらは全て葬儀社の言い値も同然となっています。祭壇飾りなどは普段何度も購入するものではありませんから、相場がわかりません。それにのんびりと交渉している程に時間はありませんから、高額な値段でも支払ってしまう人が多いのです。これらの積み重ねによって日本の葬儀は相当な値段までふくれあがっているのです。
しかし、最近では高い葬儀はしたくない、もしくはできないという人が増えた為に、葬儀屋の中には大きな葬儀以外にも小さな家族葬や直葬のような安いプランも積極的に準備するようになっています。
昔の葬儀は兄弟や親族や近所の人が手伝ってくれる、会葬者もたくさんいることで300万円支払ってもなんとかなっていました。当然親からの遺産もありますから、最後くらいとお金を使っても痛くはなかったのです。しかし、最近では親戚づきあいが希薄になり、兄弟もおらず学費などのせいで家にお金がなく遺産も殆どないというような状態となった為に、葬儀をするだけの蓄えがない家庭も増えています。
お金があったとしても、ここで使うよりも自分達の老後のために残しておきたいという人も増加していますから、葬儀という式自体にお金を大量にかけるのが当たり前という概念が崩れつつあります。
葬儀社ではその流れを汲み取り、それぞれの家庭に合わせた形でプランを組めるようにしています。最も人気が高いのが家族葬であり、本当に親しい人達だけで行うお葬式のことです。これをすることで会葬者を呼ぶこともありませんし、そこでふるまう料理や飲物の負担も減額されます。
それに、家族でゆっくりとお別れがいえるために、大きな葬儀をするよりも気持ちが込められて良いと感じている人も多いです。

Copyright(c) 2015 昔とは全く違う現代の葬儀とその考え方について. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com